生活

成長ホルモンを分泌させるには

成長ホルモンを分泌させることが身長を伸ばすのに重要です。
分泌量が多ければ多い方が伸びやすい体になるので、日頃から意識して生活をした方がいいでしょう。
では、どんな時に成長ホルモンは分泌されるのでしょうか?

一番成長ホルモンが分泌される状況は寝ている時です。
それも夜10時?深夜2時の間は成長ホルモンが活発に分泌される時間帯です。
この時間帯に毎日寝ることができれば、ぐんぐん身長を伸ばすことができ、高身長になるかもしれません。
また成長ホルモンは身長だけではなく、お肌の状態や髪の成長とも関係しています。
睡眠をしっかりととらないと肌トラブルや抜け毛を招くので気をつけてください。

そして、運動している時も成長ホルモンが分泌されています。
運動をしている子供としていない子供では成長のスピードに差がありますが、そこには成長ホルモンが関係しています。
無理な運動は成長の妨げになるので、適度な運動に抑えてください。

あまり知られていませんが、食事でも成長ホルモンを分泌させることができます。
肉や魚、大豆に多く含まれるタンパク質には成長ホルモンの分泌させる働きがあります。
タンパク質を骨の成長に必要な栄養素でもあるので、毎日たくさん摂らないといけません。

 

|  高いけど使うべき |  子宝に恵まれました |  使ってすぐ違いがわかる |  成長ホルモンを分泌させるには |

 

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁