肌トラブル

病院に行こう!

私は高校生のときに、おでこにたくさんニキビができていました。たまに鼻にも出来たりして、高校生の私はニキビを治したくてしょうがなかったです。
洗顔をちゃんとしても、なかなか治らないニキビ。

ある日、母が良い皮膚科を見つけたと言って、連れて行ってくてました。
小さな個人病院で、先生が一人しかいない病院でしたが、なんと待ち時間が3時間待ちという、とっても人気の病院でした。

母によるとこの皮膚科の先生は、テレビに出演したりする有名な先生らしく、塗り薬などはその人に合った薬を配合してくれて、
治りがとても早いらしいのです。
先生にニキビを診察してもらうと、先生からすれば単なるニキビだと思うのに、とても丁寧に診察をしてくれました。

ニキビを治すのには、脂っこいものをや、チョコレートなどの甘いもの、辛い食べ物などの刺激が強い食べ物を控えると、ニキビが出来にくくなるそうです。
また肌に必要なビタミンを摂取すると良いらしく、ビタミン剤を処方してくれました。
あとは、ニキビを治すための塗り薬。塗り薬は私のニキビと、私の肌の状態を見て、私に合う薬を2、3種類ほど配合してくれて出してくれました。

病院に行ってからは、先生の言う通りに食生活に気をつけて、ビタミン剤を飲んだり、塗り薬を塗ったりしていると、だんだんニキビの数が減ってきました。
特にニキビの塗り薬は、とっても効果が良かったと思います。

市販の薬でもニキビの薬はいろいろ売っていますが、一番は皮膚科でちゃんと見てもらう事が、ニキビを治す一番の近道かもしれないと今になって思います。
あのとき、市販の薬をいろいろ買って試すよりも、病院に行って良かったなあと思います。
ニキビで悩んでいる方も、皮膚科で見てもらうことをお勧めします。

 

 

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁